記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ジェトロ・特許庁主催のセミナー

ジェトロ・特許庁主催の欧州商標制度セミナーの案内がありましたので掲載いたします。興味のある方は参加されてみては如何でしょうか?以下、ジェトロHPの引用です。※ なお。名古屋国際特許業務法人では、欧州への商標出願のご相談も承っております。  ご関心のある方はyamakoshi@patent.gr.jpまでご連絡ください。----------------------------------ジェトロ・特許庁主催の下記セミナー...

続きを読む

医療機器分野の特許取得の状況について(7月)

前回(7月21日)同様、6月19日から7月30に発行された公報を調べてみました。医療機器分野の特許公報(FIにA61Bを含む公報)の数は531件でした。 なお、筆頭FIがA61Bの内訳は以下の様になっています。 FI 説明 件数 A61B  5 診断のための測定または記録方法または機器 126 A61B 17 手術用機器または方法 94 A61B  6 放射線診断用機器 72 A61B  8 超音波,音...

続きを読む

はじめに

 近年、政府の成長戦略の一環として医療機器産業が取り上げられていることもあり、医療機器産業への関心が高まってきています。 このブログでは、知財及び薬事(医薬品医療機器等法)の観点から、私が個人的に興味を持った情報などを掲載しようと思います。 これから医療機器産業に参入をしようと検討されている方々や、すでに参入をしている方のお役に立てる、知財、及び薬事(医薬品医療機器等法)などの情報が提供できれば幸...

続きを読む

プロフィール

山越 淳

Author:山越 淳
弁理士&行政書士であって医療機器の薬事業務の経験もある筆者が、主に医療機器の知財及び医薬品医療機器等法の情報などを提供します。
なお、タイトルの”薬事”ですが、実は法改正されて現在の法律の名称は、医薬品医療機器等法(正確には医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)です。
あまりに長くて、馴染みもあまりないので”薬事”としています。

所属事務所

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。