記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

セミナーの講師をしてきました。

先日(10月16日)に、名古屋商工会議所 メディカル・デバイス産業振興協議会主催のセミナーで講師をさせて頂きました。現在、医療機器産業は成長産業の一つとされており、各地の中小企業を支援する団体、組織等で医療機器参入の為の支援等が行われています。その支援の一つとしてセミナー等も行われており、お陰様で私も時々、講師として呼んで頂いております。今回は、名古屋商工会議所(メディカル・デバイス産業振興協議会)主...

続きを読む

「医療ニーズが高い」との開発要請に応えない医療機器メーカーにペナルティなど与えるべきか— ??

 「医療ニーズが高い」との開発要請に応えない医療機器メーカーにペナルティなど与えるべきか— ??インターネットのニュースを見ていたら何ともショッキングな見出しを見つけました。引用元:メディ・ウォッチ「医療ニーズが高い」との開発要請に応えない医療機器メーカーにペナルティなど与えるべきか—医療材料専門部会www.medwatch.jp/確認してみると、4月12日に行われた中医協の医療材料専門部会の内容を伝えるものでした。...

続きを読む

保健医療2035提言書

先日の朝日新聞にて、高額医薬品や医療機器の費用対効果を分析する制度の対象が公表されたとの記事がありました。がんの治療薬「オプジーボ」など費用対効果検証 厚労省 2016年4月28日 朝日新聞www.asahi.com/articles/ASJ4X22NMJ4XUBQU001.htmlこの制度は、医療費の伸びを抑えることを目的とし、高額な薬や医療機器の費用対効果を分析し、価格に見合った効果がなければ価格を下げることを意図している様です。医薬品の価格「費...

続きを読む

医工連携セミナーのご案内

東京都中小企業振興公社主催のセミナーのご案内東京都中小企業振興公社主催、医工連携セミナーの案内がありましたので掲載いたします。(下記参照)興味のある方は参加されてみては如何でしょうか?以下、東京都中小企業振興公社サイトの引用です。----------------------------------~医療機器産業への参入を成功させるために~第4回 中小企業のための医工連携セミナー  近年、我が国では医療...

続きを読む

「da Vinci サージカルシステム」 の一変承認の審査報告書の掲載

 手術ロボットとして有名な、da Vinciですが、その適用範囲を拡大する一部変更承認の審査報告書が医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されていました。(1月25日)■「 da Vinci サージカルシステム(平成27年度承認分)」掲載ページ:http://www.pmda.go.jp/medical_devices/2015/M20151026001/navi.html■「 da Vinci Si サージカルシステム(平成27年度承認分)」掲載ページ:http://www.pmda.go.jp/medical_device...

続きを読む

プロフィール

山越 淳

Author:山越 淳
弁理士&行政書士であって医療機器の薬事業務の経験もある筆者が、主に医療機器の知財及び医薬品医療機器等法の情報などを提供します。
なお、タイトルの”薬事”ですが、実は法改正されて現在の法律の名称は、医薬品医療機器等法(正確には医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)です。
あまりに長くて、馴染みもあまりないので”薬事”としています。

所属事務所

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。