記事一覧

再生医療等製品の初めての承認

先日テルモ株式会社が、再生医療等製品として申請していたヒト(自己)骨格筋由来細胞シートの承認申請が厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 再生医療等製品・生物由来技術部会で審議され、条件及び期限付承認が了承された旨の報道がされていました。骨格筋芽細胞シートが条件及び期限付で承認、再生医療等製品としては初-テルモhttp://www.qlifepro.com/news/20150907/terumo-approval-of-skeletal-myoblasts-sheet-is-conditiona...

続きを読む

特許庁主催のセミナー(米国セミナー)のご案内(情報提供)

特許庁主催の外国産業財産権侵害対策等のセミナーの案内がありましたので掲載いたします。(下記参照)今回は米国セミナーの受付です。興味のある方は参加されてみては如何でしょうか?以下、特許庁HPの引用です。----------------------------------特許庁主催の下記セミナーが開催されます。外国産業財産権制度説明会(米国セミナー)「一般社団法人発明推進協会では、特許庁の委託事業とし...

続きを読む

東京都知的財産総合センター主催のセミナーのご案内(特許侵害事例対応調査)

東京都知的財産総合センター主催のセミナーのご案内東京都知的財産総合センター主催の特許侵害事例対応調査編のセミナーの案内がありましたので掲載いたします。(下記参照)都内中小企業の方で、興味のある方は参加されてみては如何でしょうか?(名古屋国際特許業務法人では、侵害調査をはじめ、特許権に関する調査を承っております。ご関心のある方はyamakoshi@patent.gr.jpまでご連絡ください。)第三者の特許権を侵害しないよ...

続きを読む

東京都知的財産総合センター主催のセミナーのご案内(意匠調査)

東京都知的財産総合センター主催の意匠調査のセミナーの案内がありましたので掲載いたします。(下記参照)都内中小企業の方で、興味のある方は参加されてみては如何でしょうか?意匠は、物品の形状、模様、色彩など、所謂工業デザインの保護をするものです。特許と同じく、新規性、捜索非容易性などの所定の要件を満たせば、意匠権を取得する事ができます。意匠は製品の形であることから、模倣等を発見しやすく、権利行使もしやす...

続きを読む

国内品質業務運営責任者の資格要件の緩和 (続報)

先日の国内品質業務運営責任者の資格要件の緩和の記事でもご紹介しましたが、第二種、及び第三種医療機器製造販売業者の国内品質業務運営責任者の資格要件を緩和する通知が発出されました。薬食監麻発0901第1号 平成27年9月1日医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令に関係する通知の改正について薬食監麻発 0901第5号 平成27年9月1日医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準...

続きを読む

プロフィール

山越 淳

Author:山越 淳
弁理士&行政書士であって医療機器の薬事業務の経験もある筆者が、主に医療機器の知財及び医薬品医療機器等法の情報などを提供します。
なお、タイトルの”薬事”ですが、実は法改正されて現在の法律の名称は、医薬品医療機器等法(正確には医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)です。
あまりに長くて、馴染みもあまりないので”薬事”としています。

所属事務所

最新コメント