記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

「da Vinci サージカルシステム」 の一変承認の審査報告書の掲載

 手術ロボットとして有名な、da Vinciですが、その適用範囲を拡大する一部変更承認の審査報告書が医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されていました。(1月25日)■「 da Vinci サージカルシステム(平成27年度承認分)」掲載ページ:http://www.pmda.go.jp/medical_devices/2015/M20151026001/navi.html■「 da Vinci Si サージカルシステム(平成27年度承認分)」掲載ページ:http://www.pmda.go.jp/medical_device...

続きを読む

東京都知的財産総合センター主催のセミナーのご案内:特許出願の基礎講座

東京都知的財産総合センター主催のセミナーのご案内東京都知的財産総合センター主催のセミナーの案内がありましたので掲載いたします。(下記参照)制度上、特許出願は誰でもする事ができますが、出願手続を確実に進め、有効な権利を取得するためには専門家である弁理士に依頼をする事が必要であると言えます。また、弁理士に出願手続を依頼する場合であっても、ある程度の基本的な特許出願の知識があると、弁理士との意思疎通を確...

続きを読む

東京都知的財産総合センター主催の外国商標検索セミナーのご案内

 東京都知的財産総合センター主催のセミナーのご案内東京都知的財産総合センター主催のセミナーの案内がありましたので掲載いたします。(下記参照)都内中小企業の方で、興味のある方は参加されてみては如何でしょうか?以下、東京都知的財産総合センターHPの引用です。----------------------------------東京都知的財産総合センター主催の下記セミナーが開催されます。特許情報調査セ...

続きを読む

特許庁主催のセミナーのご案内:悪意の商標出願セミナー

 特許庁主催のセミナーのご案内特許庁主催、悪意の商標出願セミナーの案内がありましたので掲載いたします。(下記参照)近年、例えば中国で日本の地名や商品名が、関係のない第三者に先に登録されてしまったり、日本においても、新たなランドマークとなるような建物ができる際に、良さそうな名前が先取り的に商標登録されてしまい、なかなか名称が決められない。といった問題が起きています。商標は、先に出願した者が登録さ...

続きを読む

プロフィール

山越 淳

Author:山越 淳
弁理士&行政書士であって医療機器の薬事業務の経験もある筆者が、主に医療機器の知財及び医薬品医療機器等法の情報などを提供します。
なお、タイトルの”薬事”ですが、実は法改正されて現在の法律の名称は、医薬品医療機器等法(正確には医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)です。
あまりに長くて、馴染みもあまりないので”薬事”としています。

所属事務所

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。