記事一覧

医療機器分野の特許取得の状況について(11月~12月)

 11月~12月に発行された特許公報(2017年11月21日~12月17日の期間に発行された公報)を調べてみました(2017年12月18日時点)。医療機器分野の特許公報(FIがA61Bの特許公報)は462件でした。 筆頭FIがA61Bの内訳(上位8位)は以下の様になっています。   FI 説明 件数 A61B  5 診断のための測定または記録方法または機器;個体の識別 91 A61B  1 視覚または写真的検査による...

続きを読む

セミナーの講師をしてきました(@ 群馬)

先月(11月17日)に、群馬県、群馬県、一般財団法人地域産学官連携ものづくり研究機構主催の「医療機器開発事業化実践塾(基礎コース)」にて、セミナーをしてきました。実は、このセミナーは昨年も呼んで頂いたセミナーで、、『知財と薬事から見たビジネス戦略 医療機器開発における知的財産権と医薬品医療機器等法』というテーマでお話をさせて頂きました。主催:群馬県、一般財団法人地域産学官連携ものづくり研究機構場所:テ...

続きを読む

医薬品医療機器等法のセミナーの講師をしてきました!(@福岡)

先月(11月15日)に、医療機器産業に関心のある中小企業様向けに、医薬品医療機器等法のセミナー(『医薬品医療機器等法(旧称:薬事法)における規制の基礎的な事項、関連法規の概要、法令の読み方』)をしてきました。主催:福岡県(ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク)場所:福岡商工会議所 407会議室(福岡市博多区博多駅前2-9-28)日時:平成29年11月15日(水) 13:00~17:00http://www.zaidan-kensyu.jp/s...

続きを読む

「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」(特許庁資料のご案内)

特許庁のHPに知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」という資料がアップされています。「特許庁は、デザイナーが円滑にビジネスを行い、社会で活躍するための基礎知識を修得するツールとして、調査研究に基づき、デザイナーやデザインを学ぶ学生に向けた知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」を作成しました。」(特許庁HPから引用)とのことで、 平成28年度特許庁産業財産権制度問題調査研究「デ...

続きを読む

プロフィール

山越 淳

Author:山越 淳
弁理士&行政書士であって医療機器の薬事業務の経験もある筆者が、主に医療機器の知財及び医薬品医療機器等法の情報などを提供します。
なお、タイトルの”薬事”ですが、実は法改正されて現在の法律の名称は、医薬品医療機器等法(正確には医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)です。
あまりに長くて、馴染みもあまりないので”薬事”としています。

所属事務所

最新コメント