FC2ブログ

記事一覧

医療機器分野の特許取得の状況について(7月~9月)

 医療機器分野の特許取得の状況について(7月~9月)
7月~9月に発行された特許公報(2018年7月13日~2018年9月9日の期間に発行された公報)を調べてみました(2018年9月9日時点)。(前回から少し間が空いてしまいました。 m(__)m )
 
医療機器分野の特許公報(FIがA61Bの特許公報)は955件でした。
筆頭FIがA61Bの内訳(上位9位)は以下の様になっています。
 
FI
説明
件数
A61B 5
診断のための測定または記録方法または機器;個体の識別
220
A61B 17
手術用機器または方法 手術
118
A61B 6
放射線診断用機器,例.放射線治療と結合している装置
110
A61B 8
超音波,音波または亜音波を用いることによる診断
99
A61B 1
視覚または写真的検査による人体の窩部または管部の診断を行うための機器;そのための照明装置;内視鏡
95
A61B 18
非機械的な形態のエネルギーを、身体へ、または身体から伝達する手術用機器、器具または方法
31
A61B 3
目の検査装置;目の診察機器
29
A61B 10
他の診断方法まだは診断機器
24
G06Q 50
特定の業種に特に適合したシステムまたは方法
18
 
今回も、A61B5 「診断のための測定または記録方法または機器;個体の識別」の登録件数が最も多く、220件の登録がされており、次いでA61B 17 「手術用機器または方法 手術」118件、続いてA61B6 放射線診断用機器110件)、A61B8「超音波,音波または亜音波を用いることによる診断」99件)、A61B1 「視覚または写真的検査による人体の窩部または管部の診断を行うための機器;そのための照明装置;内視鏡」95件)、となっていました。
 
また、上位の特許権者の内訳は下表のとおりとなっています。
 
出願人
件数
割合
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
75
8%
オリンパス株式会社
61
6%
コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ
56
6%
キヤノン株式会社
55
6%
富士フイルム株式会社
40
4%
株式会社日立製作所
29
3%
コニカミノルタ株式会社
21
2%
エシコン・エンド-サージェリィ・インコーポレイテッド
20
2%
コヴィディエン リミテッド パートナーシップ
19
2%
日本電信電話株式会社
14
1%
セイコーエプソン株式会社
10
1%
その他
555
58%
合計
955
100%
 
 
 今回、A61B 10 他の診断方法まだは診断機器 が24件登録されていました。余り馴染みのないFIで合ったため、内容を確認してみました。
 特許第6387336号は、患者の心不全症状を評価する方法において、生体運動センサからの患者の症状を表すデータ及び呼吸治療装置によって患者に送達される治療圧の程度を表すデータにアクセスして生体運動センサのデータから呼吸パラメータを決定し、更に呼吸パラメータ及び治療圧の程度に基づいて、心不全症状変化指標を決定する方法に関する発明です。(この指標が、患者の心不全症状の変化についての情報を表しています。)なお、呼吸治療装置とは、自動圧調整SDB装置、自動呼気終末圧(EEP)設定装置や換気を測定し、目標の換気を維持する装置を意味している様です。
 特許第6382789号は、従来の最小可聴値の測定法(オージオメータ)の有する、意図的に誤った回答をする(詐聴)対象者や、何らかの心理的な要因による難聴(機能性難聴)をもつ対象者の場合、正しく聴力を評価することが難しいという問題を解決することを課題とし、対象者の回答に依存せず、対光音遅延の値を必要とせず、さらに、光刺激の呈示を必ずしも必要とせずに、対象者がある刺激を知覚しているか否かを評価することができる知覚感度評価装置に関する発明です。
 特許第6381149号は、人の自殺の危険性の評価において補助手段として使用される装置に関する発明で、従来法の誤解釈の原因を減少/除去して、測定結果の分析の高い精度を確実にすること及び/又は試験結果の解釈のために必要な分析を容易にする装置に関するもので、指の皮膚電気活性を測定するための測定ユニットと人の血液量の変化の形態の(特定の実験的に良く規定された)音信号又は音声からの音刺激に対する配向反応を測定するための手段、並びにノイズ干渉を検出するための一つ以上のマイクロホンから構成されています。
 特許第6358573号は、乳房における脂肪や乳腺の層の奥に存在する、胸壁の筋肉などの光吸収部位の層によって計測光が吸収され、この光吸収の影響により、光計測法で取得されるヘモグロビン量の精度が低下する知見に基づく発明で、胸壁の筋肉等の光吸収部位の影響でヘモグロビン量の計測精度が低下した場合、それによる腫瘤の特性の評価が正しく行われない可能性があり、また、光吸収部位による計測光の吸収の影響の大きさは、乳房の大きさ、計測対象領域の位置、計測角度等によって異なるため、光吸収部位の影響を一概に求めることは難しいという課題を解決することを目的としています。
 「他の診断方法まだは診断機器」の分類だけあって、発明の内容も多岐にわたっていますが、特許権者も、医療機器メーカーをはじめアカデミア、また医療機器メーカーとしてはあまり馴染みのない企業と多岐にわたっており、なかなか興味深いと思われます。
 
出願日
登録
番号
登録日
公報発行日
異議申立期限
発明(考案)名称
出願人
要約
2015
/12/03
6387336
2018/
08/17
2018/
09/05
2019/
3/5
心不全を検出し、治療する方法および装置
レスメド・リミテッド
【課題】患者の心不全症状を評価する方法を提供する。
【解決手段】生体運動センサからの患者の症状を表すデータにアクセスするステップと、生体運動センサのデータから呼吸パラメータを決定するステップと、呼吸パラメータに基づいて、心不全症状変化指標を決定するステップであって、指標は、患者の心不全症状の変化についての情報を表している、ステップとを含んでいる。
2015/
06/19
6387188
2018/
08/17
2018/
09/05
2019/
3/5
プローブホルダモジュールおよびそれを用いたプローブホルダの構成方法
株式会社日立製作所
光照射プローブおよび光検出プローブを保持して被測定対象に装着可能な光計測用プローブホルダの一部を構成し、複数が結合することにより、前記光計測用プローブホルダを構成するプローブホルダモジュールであって、光照射プローブおよび光検出プローブの少なくとも一つを機械的に保持する、保持部と、光照射プローブおよび光検出プローブの少なくとも一つに電気的に接続される、電気回路および電気配線の少なくとも一つと、光照射プローブおよび光検出プローブの少なくとも一つと、電気回路および電気配線の少なくとも一つとを接続するための端子と、他のプローブホルダモジュールと機械的に接続する機械的接続部と、他のプローブホルダモジュールと電気的に接続する電気的接続部と、を有するプローブホルダモジュールが開示される。
2015/
12/14
6382789
2018/
08/10
2018/
08/29
2019/
3/1
知覚感度評価装置、その方法及びプログラム
日本電信電話株式会社
【課題】対象者の回答に依存せず、対光音遅延の値を必要とせず、さらに、光刺激の呈示を必ずしも必要としない知覚の評価技術を提供する。
【解決手段】知覚感度評価装置は、一定のリズムである第一リズムに合わせて所定の動作を行おうとする対象者の運動情報の時系列を取得する入力情報取得部と、第一リズムに合わせて所定の動作を行っている対象者に対して第一リズムとは異なるリズムである第二リズムで音刺激が呈示されるものとし、第二リズムで音刺激が呈示される前後における、対象者が所定の動作を行った時刻の間隔に基づいて妨害効果を測定し、妨害効果が生じている場合には音刺激を知覚していると判断する妨害効果測定部とを含む。
2016/
02/10
6381168
2018/
08/10
2018/
08/29
2019/
3/1
近赤外脳機能計測装置及び計測法
国立研究開発法人産業技術総合研究所
検出器雑音平準化が簡単な多チャンネル近赤外脳機能計測装置を提供する。予め、すべての光減衰器の透過率を1に設定しすべての光源強度を安全に照射し得る最大光量に設定して各光源プローブiの実効入射光量とそのうち最小の実効入射光量および最大の実効入射光量を求め、光源プローブ側の光減衰器iの透過率aiを、[最小の実効入射光量/光源プローブiの実効入射光量]に変更することにより実効入射光量を平準化し、さらにすべての光源強度をW=[最大の実効入射光量/最小の実効入射効率]倍に変更し、検出器プローブjの実効検出効率とそのうちの最小の実効検出効率を求め、検出器プローブ側の光減衰器jの透過率ajを、[最小の実効検出効率/検出器プローブjの実効検出効率]に変更することにより実効検出効率を平準化しておくよう制御してすべてのチャンネルk間の検出器雑音を平準化した近赤外脳機能計測装置。
2014/
09/16
2018/
08/10
2018/
08/29
2019/
3/1
自殺の危険性の評価において使用するための装置
エモトラ エービー
本発明は、人の自殺の危険性の評価において使用するための装置に関する。前記装置は、自殺の危険性のある鬱病の人を検出するために、人の指における皮膚電気活性を測定するための測定ユニット(1)を含む。前記測定ユニットは、特定の実験的に良く規定された音信号又は音声を人に伝達して、対象の人からの皮膚電気応答の分析のための信号を与えるように配置されている。分析を容易にするため、又は分析の結果の精度を増大させるため、前記装置は、好ましくは指(21)における末梢的な及び/又は額(22)を介した脳の前頭葉における中枢的なフォトプレスチモグラフィ法によって人の血液量の変化の形態の及び試験される人の脈拍数の変化の形態の配向反応を測定するための手段をさらに含む。
2015/
03/16
6380178
2018/
08/10
2018/
08/29
2019/
3/1
診断支援装置および診断支援方法
株式会社JVCケンウッド
【課題】より簡単に精度よく診断支援を実行可能とする。
【解決手段】表示部と、被験者を撮像する撮像部と、撮像部により撮像された撮像画像から、被験者の視線方向を検出する視線検出部と、視線方向に基づいて、表示部の表示領域における被験者の視点を検出する視点検出部と、診断画像を表示部に表示させる出力制御部と、診断画像が表示されたときの視点検出部により検出された視点に基づいて被験者の評価値を算出する評価部と、を備え、診断画像は、診断画像の中心を含む領域に人物画像を含む第1画像と、第1画像の周囲を囲む領域に人物画像以外の第1画像より小さい複数の第2画像と、を含む。
2014/
10/01
6378830
2018/
08/03
2018/
08/22
2019/
2/22
子宮頸部疾患検診のための細胞採取パッド及びこれを含む採取キット
ティーシーエム バイオサイエンシーズ インコーポレイテッド
本発明は子宮頸部疾患検診のための細胞採取パッド及びこれを含む採取キットに関するものであって、人体に着用するパッド形態に構成され、子宮頸部細胞を捕集するフィルター部と、このフィルター部を通過した膣分泌物を吸収する吸収部から構成されて、人体から安全でかつ容易に子宮頸部細胞が採取できるようになる。
2018/
03/07
6378458
2018/
08/03
2018/
08/22
2019/
2/22
月齢表示アクセサリー
アマネファクトリー株式会社
【課題】容易に胎児の月齢等の情報を取得することが可能な装身具、及び胎児の月齢等を前記装身具に表示するシステムを提供する。
【解決手段】装身具に胎児の月齢及び/又は胎児イメージ画像を含む胎児情報を表示するプログラムであって、端末装置を、月齢決定情報の入力を受け付ける入力手段と、前記月齢決定情報に基づいて前記胎児情報を決定する決定手段と、前記装身具に、前記胎児情報と対応する、対応胎児情報を表示するための情報を送信する送信手段として機能させることを特徴とする、プログラム。
2015/
02/05
6378105
2018/
08/03
2018/
08/22
2019/
2/22
呼吸器疾患の判定装置
シチズン時計株式会社,シチズン・システムズ株式会社
【課題】呼吸器疾患の判定装置において、被検者に負担を与えることなく、呼吸器疾患の症状が発現する前の予兆の有無を判定する。
【解決手段】呼吸器疾患の判定装置1は、被検者の呼吸疾患の症状が発現する前の予兆として気道が狭くなったときに、呼吸動作に伴って発せられる超音波を検出する超音波センサ6(超音波検出器)と、超音波センサ6で検出された超音波に基づいて、予兆の有無を判定する判定部18と、を備える。
2014/
11/11
6378051
2018/
08/03
2018/
08/22
2019/
2/22
測定システム、及び測定装置
日本光電工業株式会社
【課題】被験者の循環器系の状態を正しく判断する測定システムを提供する。
【解決手段】第1センサ10は、被験者の第1部位に発光するとともに、第1部位を圧迫し、第1部位からの反射光または透過光を測定する。第2センサ11は、被験者の第2部位に発光するとともに、第2部位を圧迫し、第2部位からの反射光または透過光を測定する。第1測定値算出部212は、第1センサ10の測定する受光量の変化に基づいて、血液酸素飽和度に関連する指標または血液再充填時間を算出する。第2測定値算出部213は、第2センサ11の測定する受光量の変化に基づいて、血液酸素飽和度または血液再充填時間を算出する。圧力制御部211は、第1センサ10による圧迫解除の開始と、第2センサ11による圧迫解除の開始と、の時間差が所定時間内になるように制御する。
2016/
06/30
6376576
2018/
08/03
2018/
08/22
2019/
2/22
嚥下障害検査装置および嚥下障害治療装置
学校法人兵庫医科大学,カレイド株式会社,株式会社ジェイ クラフト,ユーセンスメディカル株式会社
嚥下障害治療装置1は、上喉頭神経を含む頚部の生体組織に経皮的に電流を付与するために被処置者M1の対象部位に付設される電流付与部3と、干渉波または擬似干渉波による経皮的な刺激が上喉頭神経を含む頚部の生体組織に付与されるように電流付与部3を制御する制御部と、被処置者M1が経皮的な刺激を自覚する感覚閾値に、電流付与部3により付与される電流を調節するための操作部22と、感覚閾値に基づく指標情報を表示する表示部21と、を備える。
2014/
11/24
6373386
2018/
07/27
2018/
08/15
2019/
2/15
生検用トロカール
フュメクス,ローラン,マセリア ティエリ
本発明は、骨髄生検を行なうための生検用トロカール(1)に関する。トロカール(1)は、カニューラ(4)を有している生検針(2)と、生検針(2)内に挿入可能なシャフト(6)を有しているマンドレル(3)と、を備えている。カニューラ(4)は、その先端に少なくとも一つの内側リブ(12、21)を有している。内側リブ(12、21)は、カニューラ(4)の内壁に螺旋形状部を形成している。シャフト(6)は、螺旋形状部と協働可能な少なくとも一つの螺旋形状溝(16、26)を有している。内側リブ(12、21)は、髄質試料を生検針(2)内に保持するように構成されている。
2014/
05/15
6358573
2018/
06/29
2018/
07/18
2019/
1/18
乳房計測装置の作動方法及び乳房計測装置
国立大学法人浜松医科大学,浜松ホトニクス株式会社
【課題】乳房内部での腫瘤の特性の計測精度を向上することが可能な乳房計測方法及び計測装置を提供する。
【解決手段】腫瘤を含まない正常領域、または腫瘤を含む対象領域である乳房の計測領域に対して、皮膚からの光吸収部位までの距離を計測する距離計測部10と、所定波長の計測光を用いる光計測法で計測領域でのヘモグロビン量を計測する光計測部15と、複数の正常領域での計測結果から作成された、光吸収部位までの距離と正常ヘモグロビン量との正常相関データを記憶する相関データ記憶部33と、正常相関データ及び対象領域での光吸収部位までの距離から求められる正常ヘモグロビン量と、対象領域での対象ヘモグロビン量とに基づいて、腫瘤の特性評価値を算出する評価値算出部35とによって、乳房計測装置1Aを構成する。
2011/
11/11
6373005
2018/
07/27
2018/
08/15
2019/
2/15
動的光トモグラフィーイメージング装置、方法、およびシステム
ザ トラスティーズ オブ コロンビア ユニバーシティ イン ザ シティ オブ ニューヨーク
開示の発明特定事項は、外的刺激に対するターゲット組織サンプルにおける変化を表す動的データを獲得および表示するための光トモグラフィーシステムを含む。例えば、開示の装置、方法、およびシステムは、末梢動脈疾患を診断するために課せられた血圧変化によって生じた動的血管変化を定量化するために使用することができる。
2014/
02/28
6371827
2018/
07/20
2018/
08/08
2019/
2/8
時間分解光散乱分光法を使用する組織又は損傷深度の評価
ローレンス リヴァーモア ナショナル セキュリティ,エルエルシー
【課題】損傷深度を探知できる能力を向上させた新しい光学的手法を提供する。
【解決手段】インヴィボ心臓組織の損傷を作出させ;損傷を生じさせる工程とともに、誘起照射を生じさせるためにインヴィボ心臓組織の第1組織面へ光学呼掛照射波を案内させ;時間対強度の少なくとも一つの信号時間プロファイルを備える集積照射を生じさせるために、誘起照射を集積させ;少なくとも一つの定量化パラメータ(QP)を生じさせるため、少なくとも一つの信号時間プロファイルからの信号データと、少なくとも一つの参照時間プロファイルからの参照データとの間の差を定量化させ;更に、QPから、インヴィボ心臓組織の少なくとも一つの即時的状態を決定する工程、を備える。
2016/
12/12
6371366
2018/
07/20
2018/
08/08
2019/
2/8
精神疾患判定装置
ダイキン工業株式会社,国立大学法人東京工業大学,国立大学法人鳥取大学
【課題】対象者の精神疾患の状態を容易に判定する。
【解決手段】精神疾患判定装置400は、脳機能賦活情報提供部441と、顔面変化情報取得部442と、顔面変化情報分解部443と、判定用成分抽出部444と、精神疾患判定部445と、を備える。脳機能賦活情報提供部441は、対象者300の聴覚、嗅覚、味覚、触覚、体性感覚のいずれか一つ又な任意の組み合わせの感覚を刺激して感情を変化させる「情動刺激情報」を提供する。そして、判定用成分抽出部444が、顔面変化情報から得られる複数の成分1,2,3,・・・のうち、情動刺激情報と関連する成分を「判定用成分」として抽出する。精神疾患判定部445は、判定用成分に基づいて、対象者300の精神疾患の状態を判定する。
2016/
10/17
6368755
2018/
07/13
2018/
08/01
2019/
2/1
医療機器の作動方法及びシステム
ノバダック テクノロジーズ インコーポレイテッド
【課題】血管造影、かん流、及び、インドシアニン・グリーン(ICG)の近赤外線(NIR)蛍光血管造影技術(ICG-NIR-FA)によって画像化された組織内のリアルタイムでの血管造影やかん流の変化を、手術中に視覚化、表示、解析、定量化する解析プラットフォームを提供する。
【解決手段】血管造影、かん流、及び当該血管造影の変化やリアルタイムでのかん流を可視化、表示、解析、並びに定量化する。手術中の意思決定において血管造影及びかん流が重要となる、多様な外科手術の適用で使用されるインドシアニン・グリーンでの近赤外蛍光画像からの画像データシーケンスを得る。
2015/
06/26
6367982
2018/
07/13
2018/
08/01
2019/
2/1
増悪及び/又は入院の危険性を評価するための装置、システム、方法、及びコンピュータプログラム
コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、拡大する慢性呼吸器疾患の1つであり、今や罹患率及び死亡率の主要な原因である。急性増悪は、COPD患者の健康面での生活の質、生存率、肺機能、及びヘルスケア資源の利用に悪影響を与える。本出願は、被験者の増悪及び/又は入院の危険性を評価するための装置100、システム1400、方法200、及びコンピュータプログラムを開示する。この範囲では、時間依存の活動データが周波数空間にフーリエ変換されて、周波数依存の活動データが取得される。次に、前記周波数依存の活動データのモーメントが計算される。最後に、前記モーメントに基づいて、前記被験者に起こる前記増悪及び/又は入院の危険性が評価される。
2014/
05/23
6365534
2018/
07/13
2018/
08/01
2019/2/1
細胞採取装置
ニプロ株式会社
【課題】細胞採取部材が、子宮頸部の細胞を採取するときには管体から外れることがなく、採取後に容易に管体から取り外すことができる手段を提供する。
【解決手段】細胞採取装置10は、管体11と、管体11の先端に装着可能な細胞採取部材12と、細胞採取部材12を管体11の先端に装着された状態に保持するロック部31と、ロック部31をロック姿勢又は解除姿勢に姿勢変化させる操作部材13と、を具備する。操作部材13は、管体11に挿入された状態において基端側が操作されることにより、ロック部31を姿勢変化させるものである。
2014/
11/05
6365248
2018/
07/13
2018/
08/01
2019/
2/1
電子機器、および健康状態管理プログラム
富士通株式会社
【課題】運動による血流量の増加分を加味した熱中症判定を可能とする技術を提供する。
【解決手段】電子機器1は、取得部11と、算出部12と、判定部13と、出力部14と、を備える。取得部11は、第1センサ60を用いて測定された皮膚にある血管に流れる血液の第1血流量と、第2センサ70を用いて測定された運動強度とを取得する。算出部12は、運動強度の強さに応じて、第1血流量に含まれる血流量の中で、運動により増加したと推定される第2血流量を求め、第1血流量から第2血流量を差し引くことにより第3血流量を算出する。そして、算出部は、異なる時刻で算出した第3血流量を用いて、第3血流量の変化を算出する。判定部13は、第3血流量が増加傾向にあるか否かを判定する。出力部は、判定部により、第3血流量が増加傾向にあると判定されたとき、熱中症の疑いがあることを示す情報を出力する。
2013/
08/12
6363076
2018/
07/06
2018/
07/25
2019/
1/25
生検システム
デビコー・メディカル・プロダクツ・インコーポレイテッド
生検システムは、さまざまな特徴部を含む。このシステムの組織サンプルホルダーキットは、組織サンプルトレーの組織受容特徴部を受容するように構成されたチャンバを備えた回転可能部材を含む。このシステムの生検装置は、本体上に配される、ユーザー入力特徴部およびユーザーフィードバック特徴部を含む。このシステムのユーザーインターフェースは、組織サンプルホルダーのグラフィック表示を含む。このシステムの生検部位マーカーアプライヤは、異なる生検装置構成と関連付けられるマークを含む。生検システムは、多ステップの初期化プロセスを受けることができる。操作において、生検システムは、真空、食塩水、および大気の使用を含む空気圧制御アルゴリズムを実行し得る。
2017/
04/17
6361776
2018/
07/06
2018/
07/25
2019/
1/25
診断支援装置、及び診断支援装置における画像処理方法、並びにプログラム
カシオ計算機株式会社
【課題】疾患領域の違いを把握することを容易にして精度の高い診断支援を行う診断支援装置、及び診断支援装置における画像処理方法、並びにプログラムを提供する。
【解決手段】撮影画像から病変を診断するための診断支援装置における画像処理方法であって、撮影画像の画像処理を行うステップ(A)を備え、ステップ(A)において、画像補正を行う際、撮影画像のうち疾患の確率が高い被検領域を除いた周辺領域を測定領域に設定することを特徴とする。
2018/
03/28
6360636
2018/
06/29
2018/
07/18
2019/
1/18
皮膚感覚刺激装置及び感覚閾値の計測方法
インタークロス株式会社
【課題】温度を評価値とする皮膚感覚検査において、定量的でより再現性の高い検査をより短時間で実現することができる皮膚感覚刺激装置及び感覚閾値の計測方法を提供する。
【解決手段】プローブ10は、検査部位に対向して配置され、検査部位に熱刺激を付与する刺激面11aを有する。熱流センサ11は、刺激面11aを通過する熱流束を検知する。温度調整素子12は、刺激面11aの温度を上昇又は下降させる。基準調整部23aは、熱流センサ11により検知される熱流束が予め指定された範囲内となる状態に温度調整素子12を制御することにより、刺激面11aの温度と検査部位の温度とを一致させる。検査実施部23bは、基準調整部23aにより刺激面11aの温度と検査部位の温度とが一致した状態から温度調整素子12を制御することにより刺激面11aの温度を上昇又は下降させる。
2014/
05/05
6359645
2018/
06/29
2018/
07/18
2019/
1/18
子宮内膜サンプリング装置
フェマシス インコーポレイテッド
本発明は、子宮腔の表面壁を周方向および長手方向に接触させて、意図される表面の装置との広範な接触を行うように使用される掻き取り要素を備え、子宮内膜生検または子宮癌のスクリーニングのような分析用に十分な容量かつ総合的な組織サンプルの獲得をもたらす方法および装置を含む。本装置は、子宮腔、子宮頸管および膣から除去されたときに収容される得られたサンプルのためのリザーバを提供する。本装置は、分析のため研究室に送られる組織または細胞の量を最大にするように、ユーザーが収集手段に設置するための装置のサンプリングヘッドを切断することができる着脱可能な手段または材料のものから構成することができる。
 
※ 平成27年4月1日より平成26年改正法が施行され、特許掲載公報発行の日から6ヶ月以内に特許異議申立をすることが可能です(平成27年4月1日以降に発行された公報が対象)。
※ 登録異議申立は誰でもすることが可能です。(なお、名古屋国際特許業務法人では、登録異議申立のための調査、登録異議申立の手続をお引き受けしております。ご関心のある方はyamakoshi@patent.gr.jpまでご連絡ください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山越 淳

Author:山越 淳
弁理士&行政書士であって医療機器の薬事業務の経験もある筆者が、主に医療機器の知財及び医薬品医療機器等法の情報などを提供します。
なお、タイトルの”薬事”ですが、実は法改正されて現在の法律の名称は、医薬品医療機器等法(正確には医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)です。
あまりに長くて、馴染みもあまりないので”薬事”としています。

所属事務所

最新コメント